充実補償の地デジ・テレビアンテナ工事は、神奈川県専門の工事クイック神奈川へ。株式会社メディオテック公式サイト

地デジアンテナ工事、地デジ改修工事は工事クイック神奈川へ

お電話でお気軽にお申し込み!0120-707-999へどうぞ!
工事のお申し込み・無料見積はこちら!
Home / アンテナなんでも情報 / 正しいスイカ割り。

アンテナなんでも情報

アンテナなんでも情報です。アンテナ工事のクイックが、放送やアンテナの話題を中心に、さまざまな情報をお知らせいたします。

正しいスイカ割り。

※※本記事は画像を含んでおります。                                                              ※※
※※画像付きの記事については、工事クイック全国版にて表示させて頂いております。※※
本日は、正しいスイカ割り講座へようこそ。
皆さんの講師を勤めます、加地 羽李男と申します。
皆さんはスイカ割りのルールを知っていますでしょうか?
実は正式なルールがそんざいします。大富豪のように地方ルールも存在します。

では、正しいスイカ割りのルールをお教えいたします。
これは、農業協同組合(JA)が設立した「日本すいか割り協会定(Japan Suika-Wari Association)」めた公式ルールになります。

スイカと競技者の間の距離 : 5m以上7m以内。
棒 : 直径5cm以内、長さ1m20cm以内。
目隠し用手ぬぐい:JSWA 公認のもの。(目隠し度合いの確認のため1万円札を競技者の前に落として確認します)
使用するスイカ:国産スイカ(よく熟れたもの)。
制限時間:3分
"判定:    割れたスイカの断面の美しさによって審判員が判定する。
最も美しいとされる、スイカが2つに割れてその2つの大きさが均等という状態を満点として割れた部分の大きさの不均衡具合によって減点法で採点する。"
その他:審判員は、その年のスイカを10個以上食べている必要がある。

以上が1991年に定められた公式のルールとなります。
審判員がすいか10個たべないといけないのはなかなかたいへんですね。

ではそのほかの地方で行われているスイカ割りを見ていきましょう。


こちらはお隣の国、中国式のスイカ割りです。
目隠しはせず、そして道具は己の頭のみ。楽しむというよりは、男を見せるための行事です。


こちらは、スイカ割り日本代表、ミスター16連射!高橋名人です。
お得意の16連射で、すいかを真っ二つにしております。これが人の頭だと思うと北斗の拳実写版ですね。



さてお次は命がけ、デスイカ割り!エスコートをミスると即刻死につながります。
自分の命ほしさに1番が3番の位置を叫ぶのはは日常茶飯事です。
いったいどんなことをしたら、こういう目にあうのやら……南無~



続きまして、科学的スイカ割りです。
画像クリックで動きます。
動画も一見の価値あり

いかがだったでしょうか。

スイカ割りに興味をお持ちになった方は是非お近くのHypermarketへGO!

一覧へ戻る

棟梁グループのポータルサイトはこちら