充実補償の地デジ・テレビアンテナ工事は、神奈川県専門の工事クイック神奈川へ。株式会社メディオテック公式サイト

地デジアンテナ工事、地デジ改修工事は工事クイック神奈川へ

お電話でお気軽にお申し込み!0120-707-999へどうぞ!
工事のお申し込み・無料見積はこちら!
Home / お役立ち情報 / B-CASカード

デジタル受信に必要なB-CASカードってなに?

  地上デジタル放送ではハイビジョンなどの高画質の番組が大きな特徴のひとつです。しかし重要なことは「番組の著作権」。録画した番組を個人で楽しむ限りは問題ありませんが、録画した番組を許可なくダビングして他人に配ることは法律に違反します。また不正にダビングしたテープが出回るようなことになれば、番組の制作者や出演者などの権利が著しく侵害され、良質な番組の提供に支障をきたすことになります。
 
  そこで地上・BSデジタルテレビ放送局では、2004年4月5日からデジタル放送番組の著作権を保護するために、「1回だけ録画可能」のコピー制御信号を加え、さらにB-CAS(ビーキャス)カードの機能を利用した放送番組の暗号化を開始しました。
このページのTOPへ

必ず必要なの?

  地上デジタル放送を見るには、B-CASカードが必ず必要になります。B-CASカードを挿入していないデジタル受信機では、デジタル放送が正しく受信できません。

※B-CASカードは購入されたデジタルテレビ・デジタルチューナに付いています。
  B-CASカード  
B-CASカードが正しく挿入されていないときの画面例
  ■B-CASカードを装着しないと上記のような画面が出ます。
  また、「1回だけ録画可能」のコピー制御により、デジタル録画機器で1回だけの録画はできますが、さらに他のデジタル録画機器へのダビングはできません。
 
※詳細は各機器の取扱説明書やカタログ等でご確認下さい。
※アナログ機器での録画やアナログ放送の録画はこれまでどおりです。
代表的な工事例一戸建はこちら 代表的な工事例マンションはこちら
このページのTOPへ
棟梁グループのポータルサイトはこちら